ホームページ制作会社の形態

こんにちは、ホームページ制作会社のいろいろな形態について考えていこうと思います。
ホームページ制作会社さんにはいろいろと形態がありますね、まず多いのは印刷会社がホームページ制作の展開をしている会社
さんです。DTPの印刷物とセットでWEB制作もどうですか?という切り口ですね。これは非常に多いと思います。
今DTP業界は正念場なのでそのような流れで生き残りをかけているのかもしれません。次にデザイン会社。WEB制作もメインでやっている
所がおおいですね。DTPとかノベルティなんかもやってくれますし、ブランディング全体をやってくれるところが多いですね。
しかし、印刷は外注に出すのが主流です。しかし非常にデザイン性のあるホームページを作成していただけます。
次に私達みたいな、パソコンのハードなんかをいじっている方や会社さんがあります。パソコン自体に興味があり、
インターネットの世界もそこそこかじっていますが、マーケット的な情報が欠落している場合が多いです。
さらにデザイン的にはやはり低く満足レベルが高いものが出来るかどうかは疑問なところもあります。
それと平行して、コンサルタントチックな会社がホームページ制作をしている場合があります。
外注に出している場合もありますが、結構コンサルとセットで展開しているところもありますね。
マーケットに優れているホームページができると思います。しかし欠点としてコストが高いということでしょうか。
結果をきちんと約束してくれる会社とそうでない会社の見極めが重要になってくると思います。
最後にまったく関係のない会社さんがホームページ制作事業部とかを立ち上げる例があります。
結構そのような会社は芽が出てない事が多いですね。また、個人事業のの方も最近増えてきています。
コストパフォーマンスの高い個人事業主もいますので、うまく探しあてる必要があります。実力や対応等・・
まーいろいろな形態はありますが、今のところ大手さんがやっている形態が一番優れているのでしょうね。
サービスを提供したりアプリを作ったり、メディア連携等を強めたり・・・
広告代理店的な形態ですか。まーそうはいっても
大手さんの仕事の受注が出来るように努力していきたいものですね。

Copyright© 2012 Web制作 All Rights Reserved.