Web制作におけるホームページの情報更新

ホームページを運営する上で、一番の問題が更新やランニングコストです。

ホームページの目的にもよりますが、最新情報の更新日時が数ヶ月前とか数年前とかの日付で終わっていると、それだけでユーザーはそのホームページの価値を低く見てしまいます。

ではホームページをコンスタントに更新していくにはどうすれば良いのか。

通常の企業でしたら、社内に運営するスタッフを雇うことは難しいケースが殆どだと思います。ましてや、ホームページを操作するにはそれ専門の知識が必須となって参ります。HTMLの操作やCSSの理解なしには今時のホームページを操作することは絶対に不可能です。まあ、文章を打ち替える程度のことはできるでしょうが、新しくページを追加したりデザイン・レイアウトを構築することは不可能といっていいでしょう。

そういった企業が、簡単に更新できるようにするには、ホームページ内にブラウザからでも更新可能なシステムをいれこむ必要があります。

WEB制作業界も日々進歩しているので現在では様々な方法があります。

その代表格がCMSと呼ばれるユーザーがブラウザからの操作で簡単に更新できるシステムです。
一口にCMSといっても星の数ほどの種類があるので、どういった使い方をするのかに合わせて種類を選びます。
その中でも代表的なものがMovable Typeです。
Movable TypeはブログタイプのCMSで、よくあるGooブログやエキサイトブログなどのブログサービスに近いものがあります。
Movable Typeは自社ホームページ内に構築するため、他社の広告が勝手に入ってしまったり、本体のホームページのデザインを流用したりなど、自由度が非常に高いため、よく使われます。後付けで様々な機能を追加できるのも利点です。
その上で、カテゴリや月刊アーカイブ等のサブページを大量に自動生成するため、ホームページ内のページボリュームが非常に増やしやすく、Googleの検索エンジン上位表示対策にも最適です。

Movable Typeのもう一つの利点は、基本的な編集はすべてブラウザ上で行えるというところです。
大きな変更をかけたりレイアウトを自由にカスタマイズするにはさすがにFTP経由でCSSを操作しなければいけませんが、サイドバー等の内容はブラウザ上で殆ど操作できる上、機能追加などもブラウザ上で行います。
有志によるデザインテンプレートも非常に豊富で、サーバー上に構築・インストールをしたあとにテンプレートファイルをFTPでアップロードし、適用するだけで簡単にカスタマイズできます。慣れてしまえば所要時間20分とかからずに公開までこじつけることができます。

この先もっと様々なCMSや、それに変わるようなシステムが増えていくと思います。ビジネスシーンに役立つ情報は常に追いかけて行かなければなりません

Copyright© 2012 Web制作 All Rights Reserved.